ARGENTO CUORE

Category : vim

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.07[月] .vimrc

設定ファイルの類をいちいち別マシンにもっていくのは大変なので、PCを買い換えた時用にブログに書いておくことに。~/以下をバックアップしておけば良いんだろうけど、かなりカオスなことになってるので困る……。

"行番号を出力
set number
"ルーラー(右下の行、列情報)を表示
set ruler
"自動インデントの空白数
set shiftwidth=2
"TABコードが空白何個分で表されるか
set tabstop=2
"TABの代わりにSPACEを使用
set expandtab
"VI互換モードを無効にする
set nocompatible
"インクリメンタルサーチを有効にする
set incsearch
"バックスペースキーの挙動を設定
set backspace=indent,eol,start
"set backspace=0,1,2 "Vim5.4以前はこちらを使用
"閉じ括弧を入力した際、対応する括弧を強調表示
set showmatch
"新しい行の最初のカーソル位置を、以前の行の先頭位置と同じ場所に設定
"set autoindent
"高度なインデントを行う
set smartindent
"ファイル末端まで検索したら、先頭に戻って検索を続ける
set wrapscan
"タブや改行記号を表示しない
set nolist
"タブや改行記号を表示する
"set list
"サーチしたパターンを強調表示
set hlsearch
"ウインドウ下部のステータスラインに対する設定
"0:ステータスラインを表示しない
"1:ウインドウが2つ以上の時には表示
"2:常に表示
set laststatus=2
"コマンドをステータスラインに表示
set showcmd
"表示できない文字をという16進数で表示
set display=uhex
"補完候補を表示
set wildmenu


syntax on
filetype on
filetype indent on
filetype plugin on

set runtimepath+=/etc/vim/plugin/
"Java
autocmd BufNewFile,BufRead *.java :set tags+=/home/hiro/tags/java6

"ActionScriptの設定
autocmd BufNewFile,BufRead *.as :set filetype=actionscript

"Scala
autocmd BufNewFile,BufRead *.scala :set filetype=scala
autocmd BufNewFile,BufRead *.scala :set tags+=/home/hiro/tags/scala-2.8.0.RC2

"HTML
autocmd BufNewFile,BufRead *.tpl :set filetype=html

"Javaの設定
let java_highlight_all=1
let java_highlight_debug=1

"let java_space_errors=1
let java_highlight_funcitons="style"
let java_allow_cpp_keywords=1


" 文字コードの自動認識 (http://www.kawaz.jp/pukiwiki/?vimからコピペ)
if &encoding !=# 'utf-8'
set encoding=japan
set fileencoding=japan
endif
if has('iconv')
let s:enc_euc = 'euc-jp'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp'
" iconvがeucJP-msに対応しているかをチェック
if iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'eucjp-ms') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
let s:enc_euc = 'eucjp-ms'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
" iconvがJISX0213に対応しているかをチェック
elseif iconv("\x87\x64\x87\x6a", 'cp932', 'euc-jisx0213') ==# "\xad\xc5\xad\xcb"
let s:enc_euc = 'euc-jisx0213'
let s:enc_jis = 'iso-2022-jp-3'
endif
" fileencodingsを構築
if &encoding ==# 'utf-8'
let s:fileencodings_default = &fileencodings
let &fileencodings = s:enc_jis .','. s:enc_euc .',cp932'
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:fileencodings_default
unlet s:fileencodings_default
else
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_jis
set fileencodings+=utf-8,ucs-2le,ucs-2
if &encoding =~# '^\(euc-jp\|euc-jisx0213\|eucjp-ms\)$'
set fileencodings+=cp932
set fileencodings-=euc-jp
set fileencodings-=euc-jisx0213
set fileencodings-=eucjp-ms
let &encoding = s:enc_euc
let &fileencoding = s:enc_euc
else
let &fileencodings = &fileencodings .','. s:enc_euc
endif
endif
" 定数を処分
unlet s:enc_euc
unlet s:enc_jis
endif
" 日本語を含まない場合は fileencoding に encoding を使うようにする
if has('autocmd')
function! AU_ReCheck_FENC()
if &fileencoding =~# 'iso-2022-jp' && search("[^\x01-\x7e]", 'n') == 0
let &fileencoding=&encoding
endif
endfunction
autocmd BufReadPost * call AU_ReCheck_FENC()
endif
" 改行コードの自動認識
set fileformats=unix,dos,mac
" □とか○の文字があってもカーソル位置がずれないようにする
if exists('&ambiwidth')
set ambiwidth=double
endif

"改行コードの自動認識
set fileformats=unix,dos,mac
スポンサーサイト

2010.02.26[金] vimでActionScriptのシンタックスハイライト

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1061

からファイルを落としてきて.vim/syntax/以下に設置。

.vimrcに以下の行を追加。

autocmd BufNewFile,BufRead *.as set filetype=actionscript

2009.12.29[火] ぎゃー

Android関係の文章を書こうとしてたんですよ。
でもね、ずっとvim使ってて、保存しようと思って

CTRL+[ → :w

って押しちゃったんです。
そしたら、ページが切り替わって、今まで書いてた文章なくなっちゃった……。
というのを二回繰り替えしました(ぎゃー)。

fc2webのエディタ、vimのキーバインドに変更できないですか…?;;

2009.11.18[水] vimの構文ハイライト

Javascript
http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1936

Ruby
$sudo gem install vim-ruby
$sudo /var/lib/gems/1.8/bin/vim-ruby-install.rb

.vimrcに
filetype on
filetype indent on
filetype plugin on
を追記する。

Scala Feed

scala feed

FC2カウンター

プロフィール

RoNor

Author:RoNor
得意呪文はScalaですって言えるようになるのが夢です。
デスマーチ中、パーティメンバーの防御力を向上させたりさせなかったり。

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 2009-2010 ARGENTO CUORE and RoNor All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。