ARGENTO CUORE

 May the code be with you.

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.20[土] JOGLのインストール

Xubuntu9.10のパッケージマネージャを使ってインストールしたものの、それを利用するのに色々四苦八苦した挙句無理だったので、大人しくJOGLのサイトからダウンロードしてマニュアル通りに設定したらすんなりコンパイル通りました(長かった……)。


以下、メモ。

Java Binding for OpenGL APIからJOGLのパッケージをダウンロードしてくる。
JOGL Archived Builds incl. archived signed webstart bundlesに現在ダウンロードできるパッケージの一覧があり、1.x系と2.0でどんな違いがあるのかわからないけれど、とりあえず最新?のJOGL2.0beta10をダウンロードしてみる。OS、アーキテクチャごとにファイル名で区別してあるので、32bitLinuxだったら、linux-i586をダウンロードする。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、ドキュメントとlibディレクトリが作られるので、lib以下を好きな場所にコピー。パッケージマネージャを使っていないので、管理のことを考えて自分のホームディレクトリ以下にjavalib/jogl/というディレクトリを掘って、そこにlib以下をコピー。

あとは、CLASSPATHとLD_LIBRARY_PATHを同梱されている説明にしたがって設定する。


export JOGL=/home/hoge/javalib/jogl/jogl.all.jar
export NATIVEWINDOW=/home/hoge/javalib/jogl/nativewindow.all.jar
export NEWT=/home/hoge/javalib/jogl/newt.all.jar
export GLUEGEN=/home/hoge/javalib/jogl/gluegen-rt.jar
export CLASSPATH=.:$JOGL:$NATIVEWINDOW:$NEWT:$GLUEGEN
export LD_LIBRARY_PATH=/home/hoge/javalib/jogl/


$source ~/.profile

でCLASSPATH、LD_LIBRARY_PATHの設定を適用する。

import javax.media.opengl.*;

でライブラリをインポートする。net.java.games.jogl~っていう記述をネット上で見かけたけれど、古いバージョン?の記述法なのかな……。これから調べよう。


2月21日追記
元々JOGLはJungleというjava.netで開発が進められていたJava向けのOpenGLをベースに開発されていたらしく、おそらくネット上のいろんなコードのimportするパッケージが異なるのはそのためかもしれない。

JSRについて

JSR - Java Specification Requests

オンライン・コンピュータ用語辞典 http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/index.htm
JSRの項目 http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/j/j0076.htm

Java Community Process内のJSRの全リスト http://jcp.org/en/jsr/all
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ronor.blog81.fc2.com/tb.php/42-e0e2b8e7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Scala Feed

scala feed

FC2カウンター

プロフィール

RoNor

Author:RoNor
得意呪文はScalaですって言えるようになるのが夢です。
デスマーチ中、パーティメンバーの防御力を向上させたりさせなかったり。

検索フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © 2009-2010 ARGENTO CUORE and RoNor All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。